ロボアドバイザー

WealthNavi(ウェルスナビ)の手数料は高い?正しく判断するための情報を公開!

投資初心者
投資初心者
ウェルスナビの手数料1%って高いのかな?口コミを見ていると気になるな・・・
ぴろりん
ぴろりん
正しく判断するための情報を教えるね。

 

ぴろりん
ぴろりん
どうも、1,000万資産運用している、ぴろりんです。

私はウェルスナビを2018年2月から100万円で運用を開始しました。

本記事では「ウェルスナビの手数料は高いのか?」に対する私の見解とその理由をお伝えしていきます。

最初に結論だけお伝えすると、「初心者にとっては安い、投資経験者にとっては人による(高いと感じる人もいれば、安いと感じる人もいる)」です。

これだけ見ると「???」かと思うので、その理由を解説していきます。

それでは、いってみましょう。

ウェルスナビの手数料の仕組み

手数料

手数料は、預かり資産3,000万までは年率1.0%手数料3,000万を超える部分は年率0.5%となります。

ぴろりん
ぴろりん
10万の運用なら年間1,000円の計算だね。

 

また、本来は下記のような手数料も掛かるのですが、これらの手数料は1%の中に含まれていると考えて大丈夫です。

・売買手数料
・為替手数料
・為替スプレッド
・リバランス手数料

手数料の支払いタイミング

支払いタイミングは毎月1日(休日の場合は翌営業日)となり、1ヶ月分の合計額の支払いとなります。


このように、口座の現金部分から自動的に引き落とされます。

ぴろりん
ぴろりん
入金合計額が最低投資額を上回り、運用が開始されるまでは、手数料の計算期間の対象にならないよ。

手数料の計算方法

毎日1日分を計算し、1ヶ月分の合計額を計算します。

1日分の手数料:計算日の預かり資産(現金を除く)× 1% ÷ 365 × 1.08

こちらの計算式で1日分の手数料を計算し、1ヶ月分を合計します。

合計した手数料の1円未満を切り捨てた金額をが、翌月支払う手数料となります。

ぴろりん
ぴろりん
実はこれ以外にも掛かっている手数料があるので見ていこう。

信託報酬

ウェルスナビは、海外ETFを通じて、国際分散投資を行います。

ETFとは、

日経平均株価やTOPIX(東証株価指数)、NYダウ等の株価指数に連動するように運用されている投資信託の一種です。

例えば日経平均株価は、日本を代表する企業225社の株価の平均値を表します。

日経平均に連動したETFを購入すると、日本を代表する企業225社全てに投資するのと同じ効果が得られます。

 

ETF運用会社は、ETFを適切に維持・管理するための経費をETFの中で控除しています。
この経費率は、年率0.10〜0.14%となります。

ぴろりん
ぴろりん
ウェルスナビ利用者はこの経費を間接的に支払っているということなんだ。

 

ちなみにウェルスナビは、海外ETFの中でも相対的に低コスト且つ高いパフォーマンスが見込めるETFを投資対象としています。

例えば、ウェルスナビが投資する米国株ETFは「バンガード・トータル・ストック・マーケットETF(VTI)」です。

VTIは米国株約3,500銘柄分散投資しているETFで、米国株式市場をほぼ100%カバーしており、まさに米国株式市場を丸ごと買えるETFと言えます。

投資初心者
投資初心者
すごいな・・・米国丸ごとって・・・。ん!?

 

投資初心者
投資初心者
であれば、このETF(VTI)を直接購入した方が手数料は安く済むんじゃないか??

 

ぴろりん
ぴろりん
お、いいとこに気が付いたね。その通りなんだ。ただ、デメリットもあるから要注意だ。

ETFの直接購入

デメリット

直接購入の最大のデメリットは「手間が掛かる」という点です。

ぴろりん
ぴろりん
掛かってくる手間は主に以下の通りだよ。

 

・証券口座を開く必要がある(海外ETF直接購入のため)
・銀行で円を外貨に換金する必要がある(ドル建てで購入する場合)
・ドルを証券口座に送金する必要がある(海外ETF直接購入のため)
・分配金を再投資したい場合、手動で行う必要がある

こちらあくまでもETFを購入する際に必要な作業です。

資産運用を自己完結で行うためには、他にも資産配分決定、金融商品選定、リバランス、税金最適化等まで行う必要があります。

 

投資初心者
投資初心者
うげげ、ここまで全部自力でやるなんて絶対無理だな・・・
ぴろりん
ぴろりん
ウェルスナビは、資産運用の上流から下流工程まで全てやってくれるんだ。

資産運用の第一歩。ウェルスナビを始める

 

ぴろりん
ぴろりん
特筆すべきウェルスナビのメリットを見ていこうか

ウェルスナビのメリット

自動税金最適化(DeTAX)

こちらウェルスナビが特許を取得している機能です。

DeTAX(デタックス)とは、

一言でいうと、税金の負担を翌年以降に繰り延べる機能です。

もう少し詳細を解説すると、

分配金の受け取りやリバランスなどによって生じる税負担の一部または全部を、保有銘柄の「含み損」を実現して「利益」を相殺し、税負担を翌年以降に繰り延べ、その年の税負担を軽減します。

税負担が2万円以上となる場合を目安として、DeTAXによる取引を自動的に行います。

投資初心者
投資初心者
この作業を個人で行うなんて初心者には到底無理だな・・・

 

ぴろりん
ぴろりん
そうだね。「その年の税負担を軽減してくれる機能」なので利用者にとってはメリットしかないよ。ただし、税負担を必ず繰り延べることを保証するわけではないのでご注意を。

長期割

運用期間と金額に応じて、6ヶ月毎最大0.90%まで手数料の割引が拡大する「長期割」があります。

投資初心者
投資初心者
へえ、長く運用すればするほどお得になるんだね。
ぴろりん
ぴろりん
そう。長期運用が資産運用には大切なので、こういった手数料体系になってるんだ。

自動リバランス機能

崩れたポートフォリオを、自動で最適なポートフォリオに戻すのが「自動リバランス」の機能です。

投資初心者
投資初心者
リバランスってなんで必要なの?

 

ぴろりん
ぴろりん
説明するね。ウェルスナビ公開データがわかりやすいから見てみよう。

 

※1
リスク許容度3の最適ポートフォリオ(2019年2月現在)。最適ポートフォリオの比率は以下のとおり。
米国株(VTI) 31.0%、日欧株(VEA) 23.4%、新興国株(VWO) 6.1%、米国債券(AGG) 27.7%、金(GLD) 6.8%、不動産(IYR) 5.0%

※2
2008年12月末から2018年12月末まで、期間中にリバランスすることなく、保有し続けたとして計算。ただし、ETFの分配金は再投資したものとする。

(出典:公式サイト

こちら10年間リバランスしなかったときのポートフォリオの比較です。

特に影響が大きかったのは「米国株」「米国債券」です。

当初の最適なポートフォリオに比べて、リスクの高い株式の比率が上がっています。

ぴろりん
ぴろりん
株式は値動きが大きいため、当初の想定よりも(損失を被る)リスクが高まっているんだ

 

ここで必要なのがリバランスです。

今回の例で言うと、値上がりした米国株などを売り、値下がりした米国債券などを買って、元の最適なポートフォリオに戻します。


(出典:公式サイト

リバランスをしたところ、高くなりすぎていたリスクが元に戻りました。

ぴろりん
ぴろりん
プロの投資家も「年一回」や「最適な状態から5%ズレたら」など、一定の条件を設けてリバランスをするのが一般的なんだ。

 

リバランスは、原則として、半年に一度行われます。

また、最適ポートフォリオの配分比率と5%以上乖離する資産があった場合は、前倒しで行われます。

ただし、資産評価額が50万円未満の場合は、前倒しでのリバランスは行われません。

また、ポートフォリオが最適な状態を保っている場合はリバランスは行われません。

ぴろりん
ぴろりん
ちなみに個人でリバランスを行おうとすると数日から一週間掛かる場合もあるんだ。


(出典:公式サイト

こちらウェルスナビの自動リバランスと自分でリバランスした場合の比較です。

投資初心者
投資初心者
これは大変だ・・・年1回だとしても初心者には難易度高い・・・

分配金自動再投資機能

投資初心者
投資初心者
分配金ってなに?
ぴろりん
ぴろりん
ETFが株式や債券を運用して得られた収益を投資家に分配するものだよ。

 

分配金が発生するタイミングは、ETFの銘柄によって異なります。

・毎月:AGG、TIP
・3ヶ月毎(3月、6月、9月、12月):VTI、VWO、VEA、IYR

※こちらはあくまで予定であり、分配金が発生しない場合や、分配の時期が変更となる場合もあります。GLDでは分配は行われません。

また、口座区分にかかわらず、分配金の受け入れ時は、米国および日本国内でそれぞれ源泉徴収が行われます。

 

分配金は、一定額以上になると、自動で再投資に回されます。

分配金を引き出さずに、再投資し続けることで、「複利効果」による資産拡大が期待できます。

ぴろりん
ぴろりん
複利効果は資産運用に欠かせないポイントなのでこの機能は助かるね。

さいごに

投資初心者
投資初心者
色々話を聞いて、初心者にとっては1%が安く感じてきたな。

 

ぴろりん
ぴろりん
そう思う気持ちも分かるよ。最後に一つだけ伝えさせて。

 

ウェルスナビは、世界水準の金融アルゴリズムでポートフォリオを構築し、ノーベル賞受賞の理論をベースとした世界水準のアルゴリズムで資産運用を行います。

これまで一部の富裕層や機関投資家しか実践できなかった資産運用をテクノロジーの力で誰でもできるようにしたのがウェルスナビです。

あなたがもし「ウェルスナビに向いているかな?」と少しでも思ったら、まずは少額から始めてみてはいかがでしょうか??

▼ウェルスナビが向いている人
・資産運用が初めてで何をしていいか分からない人
・資産運用に興味はあるけど忙しくて時間が取れない人
・長期的な視点で資産運用に取り組める人

▼ウェルスナビが向いてない人
・超短期的な利益を求める人
・資産配分、金融商品選定、発注からリバランスまで自力で行いたい人
・初期投資10万の用意が難しい人

ぴろりん
ぴろりん
ウェルスナビを入口に資産運用の第一歩が踏み出せるなんて良い時代ですよね。

 

資産運用の第一歩。ウェルスナビを始める

【2019年版】おすすめ資産運用・投資先 まとめ

資産運用・投資に興味あるけど色々ありすぎて何から始めていいか分からない・・・

そんなあなたにオススメしたいのがこちらの記事。

運用資金1,000万で、様々な投資を行っている、当ブログ管理人が厳選した資産運用をまとめています!

【2019年版】おすすめ資産運用をみる